外国人雇用は未来が明るい

以下のニュースのように外国人雇用はひじょうに需要が多い事業です。

まだほとんどの企業は、以前の某国からの労働者の質の悪さだけのイメージでおりますが、とんでもありません。
日本に派遣される前に自国でしっかりと研修を受けて日本の常識も、人としての質の向上にも訓練を受けた確かな人材が、日本に来ても企業に派遣する前に研修施設でしっかりと研修しますから企業様には安心して受け入れていただけます。

ある事業所は、この質の高い外国人労働者を受け入れたことで、現在の日本人労働者の半分程度の人件費になりました。
賃金が安いながらも質の高い労働者が大量に日本での労働を求めて押し掛けているのは、日本で3年働けば、自国での収入に換算すれば生涯分の賃金に匹敵することが多いためなのです。

日本での仕事を通じて技術を学ぶ意欲は、その収入の大きさによって優れた人材がたくさん集まっています。
あなたの事業所が何十人お求めであっても、何百人お求めであっても、何千人お求めであっても、人材に事欠くことはありません。

出典:TBSニュース http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3199510.html

出典:NET IB NEWS http://www.data-max.co.jp/290919_dm1771_2/

 

 

 

 

PAGE TOP